確実に。そしてスピーディーに。時代のニーズに応える革新的な「生産技術開発」。

量産技術の確立と、新商品開発のための革新的な生産技術開発。
双方を確実に、そしてスピーディーに実践するのが当社の“生産”です。
そこには各事業所が生み出した溶接、鋳造、自動化など独自の“技”
そして“開発力”が生かされています。

たとえば、CAE(Computer Aided Engineering)による効率的な性能予測でのリードタイム圧縮とコスト削減や、鋳造法「VAPC」の導入による品質向上・軽量化などもその一つ。
ほかにも素材改革、形状変化、意匠向上など多岐に渡る開発テーマに取り組んでいます。

世界に拠点をもつメーカーとして、お客様からのグローバルなニーズを的確にとらえるとともに、これからも先を見越した生産技術開発に挑戦し続けます。

生産技術・量産技術

開発・試作・量産の流れの中で各部門が各々の役割を果たしながら量産技術と生産技術を発揮。
解決できない問題はそれぞれの担当部署にフィードバックして新たな課題をクリアしていきます。

開発技術

CAEの活用
CAEの活用

CAE活用により、最適金型設計で開発期間を短縮。

連続体力学の研究
連続体力学の研究

連続体力学の研究から、材料異方性、工具との摩擦・接触などの問題まで、さまざまなデータを蓄積・研究し、製品開発に活用。

生産技術

DC溶接
DC溶接

溶接抵抗によるジュール熱で接合する「DC溶接」。
溶接時間も短く、素材ロスも大幅減。

リムロール機
リムロール機

ディスクホイールのプレス成形として、リムロール機で初のオール電気モーター駆動による油圧レス・NC制御の加工を実現。