サステナビリティの考え方

Sustainability サステナビリティの考え方

サステナビリティの考え方

私たち中央精機グループは、「我が社は総親和のもと 創意工夫の展開により 無限に繁栄し社会に奉仕する」という創業の精神をあらゆる事業活動の原点に置き、未来永劫事業活動を継続させること、社会に役立つものづくりをすることが、私たちの果たすべき役割であると考えています。
現在、自動車業界は100年に一度の大変革期を迎えています。また、トヨタ自動車はモビリティ社会をリードする会社への変革を目指しています。私たちはこの大変革期を乗り越えるため、創業の精神を礎に、未来のありたい姿・未来への道標をグループ全体で議論しました。 そして2020年4月、10年後のありたい姿・道標として「CMW GROUP VISION 2030」を策定し、「ものづくりを通じて未来のモビリティ社会の足元を支え 人々に安心と笑顔をお届けする」を掲げました。
「CMW GROUP VISION 2030」のもと、私たちは事業活動を通じた社会課題の解決により、「企業の持続的成長」及び「人々が安心して笑顔で暮らせる、豊かで持続可能な社会」を実現し、ステークホルダーの皆様から信頼される企業を目指します。

マテリアリティ(重要課題)

2022年1月、私たち中央精機グループは、「CMW GROUP VISION 2030」との親和性を軸に、以下のプロセスにより、優先して取組むべき5つのマテリアリティ(重要課題)を特定しました。私たちはマテリアリティへの取組みを通じて、「持続可能な社会の実現」及び「SDGsの達成」に貢献していきます。

  マテリアリティ(重要課題)/貢献するSDGs
事業活動を
通じた
社会課題の解決
持続可能な地球環境への貢献
  • ・CO2排出量の低減
  • ・水環境インパクトの最小化
  • ・排出物の低減
人々の安心と笑顔への貢献
  • ・安心・安全な製品の提供
  • ・交通事故の低減
地域社会への貢献
  • ・持続可能なまちづくり(自治体SDGsパートナー)
  • ・コミュニティの活性化
  • ・異常苦情の未然防止
事業活動を
支える
経営基盤
健全な人と組織の構築
  • ・健康経営の推進
  • ・人間性尊重
  • ・働き方改革
  • ・リスクマネジメント
  • ・ダイバーシティ
  • ・コーポレートガバナンス
  • ・労働安全衛生
  • ・コンプライアンス

マテリアリティの特定プロセス

  • STEP1
    社会課題の抽出

    SDGsの17のゴール・169のターゲットを軸として、トヨタ環境チャレンジ2050、国内外の動向などから社会課題を抽出

  • STEP2
    優先順位付け

    抽出した社会課題について、以下の2軸により重要度を評価し、優先順位付けを実施
    ・自社にとっての重要度(※)
    ・ステークホルダー/社会にとっての重要度
    ※「CMW GROUP VISION 2030」との親和性を確認

  • STEP3
    妥当性の確認

    マテリアリティの構成・表現について、妥当性を確認
    ・経営層による議論
    ・関連部署へのヒアリング

  • STEP3
    マテリアリティの特定

    経営会議での承認により、マテリアリティを特定
    ※環境変化等に応じて、見直しを行う

pagetop