環境保全への取組み

Environmental Preservation 環境保全への取組み

未来を見つめる。地球を見つめる。

地球環境を持続的なものにするために

「環境と調和した成長を目指す」

それが当社の環境に対する考え方です。
4つの重点項目を中心に、全事業所で目標を掲げ、
環境に対する標準化・基準化を実施しています。
CO2排出低減、排出物低減、省資源、リサイクルなど
目標毎にワーキンググルーブを設け、
各部門が連携した改善活動に取り組んでいます。
また、グローバルな最新環境情報を常に入手し、
法令順守に努めています。
このような全社をあげた
「一人ひとりの環境意識改革への取租み」が、
未来の地球を見据えた環境保全につながっています。

Environmental Policy

環境方針

中央精機株式会社と中央精機東北株式会社は、大切な地球環境を持続可能なものとするため、環境と調和したものづくりを目指し、自動車用ホイール、高圧ガス容器、タイヤ組付など事業活動の全ての領域を通じて、積極的に環境保全に努めます。

1.環境に関する法規制およびその他の要求事項を順守すると共に、
地球規模および地域の環境課題を踏まえた汚染の予防と環境保護に努めます。

2.環境目標を定め自主的な改善計画を策定し、
定期的な評価と見直しを含め継続的改善を行います。

3.脱炭素社会に向けて、ライフサイクルを考慮した
地球にやさしい技術開発・生産活動に取組み、
環境と経済の両立に向けた取組みを行います。

1)省エネルギーの推進、再生可能エネルギーの利用によるCO2総排出量の低減
2)資源循環型社会の構築に向けた排出物の低減
3)環境側面、環境重要設備及び影響作業の管理強化による異常・苦情の未然防止
4)水環境インパクトの最小化

4.環境に関する教育を推進し、知識・意識向上を図ります。

5.この環境方針は、当社で働く又は当社のために
働く全ての人に周知を図り、役割の理解と協力により
効果的な環境保全を図ると共に、
社外に公表し、利害関係者が入手可能にします。

中央精機株式会社
代表取締役社長 牛尾 理

Activities

環境保全推進活動

  • コージェネレーションシステム

    製品評価

    エネルギーの効率的運用システムのコージェネレーションシステムを導入。

  • 環境美化活動

    ドラム試験

    地域社会の一員として、毎月、各事業所周辺の環境美化活動を実施。

Environmental Management System

環境マネジメントシステム

ISO14001

環境マネジメント国際規格である「ISO14001」は、海外事業所を含める全事業所で取得しています。

pagetop